MENU

格安SIMのメリット、デメリット

少し前々一般の人々が知ることがなかったMVNOを利用した通信、いわゆる格安SIMも今では一般的になってきました。
そもそも格安SIMって安いのは知ってるけども、いったい何者なのという方はまだまだ多いと感じています。格安SIMとはMVNOが提供しているSIMカード。
つまり電話やネットワークをするためのチップを提供している会社になります。
一般的な大手のキャリアと大きく異なるのはMVNO自体が街中の通信設備を所有していないことが挙げられます。
ではどうやって通信しているのか。それは大手のキャリアから通信網を購入しているということです。そうすることでインフラ構築のための初期投資を大幅にカットすることができます。
ですので実際に契約をして送られてくるのは、その契約会社の名前のSIMカードではなく、回線購入元のキャリアの名前になっています。

 

格安SIM会社(MVNO)が月額費用を安く抑えられるのは、独自に通信速度に規制をかけることで一人当たりの使用できるネットワークの量、速度を制限しているからです。
そんなに速くなくてもいい!そんなにネットしない!という方にはぴったりです。
もちろん各社様々なプランがあり、大手キャリア並みのプランを提供している事業者もあります。
結局は使用者がどこまでの要望をどのくらいの料金におさえるかということです。
ただ一方で人気が出てきたと同時に不便になってくることもあります。

 

人気がでてたくさんの人が契約をすると、それだけの人数で回線を共有するということでもあります。
事実、昼頃になると皆で一斉に使用を始めるものだから、回線がつながりにくくなります
大手キャリアであれば潤沢な設備をフルに使用できますので、その様な事態になるのはイベントなどで局所的に集中した時や災害時程度かと思います。事業の形態上、仕方のないことです。
ですのでこれから契約される方は、月額料金の安さだけではなく、回線の繋がりやすさも情報を収集してから使用を開始することをお勧めします。