MENU

巷で噂の格安SIMとは?

スマートフォンが登場してから、格安SIMという言葉をよく耳にするようになったと思います。
この格安SIM、格安とついているからにはお値段が安い何かなのだろうとはわかりますが、具体的にどういうものか知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

そもそもSIMとは、簡単に言えばスマートフォンが通信、通話を行うのに必要なカードのようなものです。
このカードは基本的に、どこかの携帯会社でスマートフォンを買えばついてきます。

 

ではなぜ内蔵されているSIMと格安SIMに違いが出てくるのでしょうか。
この格安SIMと通常のSIMとの違いは、一般にMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれる、自社の通信設備を持っていない会社が通信設備を持っている会社(docomoやSOFTBANKなど)からその回線をまとめて借りて小分けにして提供していることです。
簡単に言うと、格安SIMを提供している会社が携帯会社からまとめて通信回線を借りることで、余計な販売コストをかけずに顧客に通信機能を提供できる、ということです。

 

今現在月額7000〜8000円程度支払っているという方の大半は格安SIMにした方が多少差はありますが多くて5000円ほど月額料金を下げることができると思われます。
格安SIMを使用できない機種あるので、そこには注意が必要ですが、日頃そこまでスマートフォンを使用しない方、Wi−Fiルーターを持っているという方は特に、通話料もかけた分しかかかりませんし、携帯料金をグッと抑えることができる選択肢でしょう。
また、これから新規でスマートフォンを買うという方は、格安SIMを使った方が確実にお得です。

 

契約に縛られずに好きなスマートフォンを使えるのも、格安SIMの利点です。
通常、携帯会社で契約をしてしまうと2年縛りと呼ばれる最低利用期間や解約金などに縛られてしまいますが、格安SIMの大半はそういった契約に縛られず、自由にスマートフォンを使えます。